03-6231-1555
ご予約・お問い合わせ

診療時間 11:00〜14:00 | 15:15〜20:00
土曜 15:15〜19:00
(第一土曜 11:00〜14:00 | 15:15〜19:00)
日曜・月曜休診

 著者: 東京皮膚科・形成外科 日本橋院

肌のたるみを改善する為に上手にハリを取り戻そう

shutterstock_153389036

肌はどうしてたるんでしまうのか

肌は年齢と共にたるみが発生してしまいがちですが、年を取ったから必ずたるんでしまうと言う訳ではありません。
実は、若い人でも紫外線を沢山浴びていたり、栄養バランスの崩れた食事生活を送っていたり、睡眠不足だったり、肌にあまり良くない事をしている場合、肌の健康が衰えて行ってしまいたるみやシミ、しわ等のトラブルが発生してしまう事は有ります。
その原因の一つが活性酸素で、それが多くなるとどうしても肌のハリをキープする効果が期待出来る細胞が破壊されてしまい、その結果次第にたるんで行ってしまうと言うしくみです。
肌の衰えを出来るだけ解消すると言う点から選ばれている方法の一つがスキンケアです。

スキンケアの基本は正しく行う事

肌のたるみを改善する方法の一つがスキンケアですが、ただ単にスキンケア用品を使えば良いと言う訳ではありません。
まずは自分の肌に合っている物を利用しましょう。
またその時はその製品に記されている使い方を守って正しく使用する事がポイントです。
もう一つは、自分の肌がどういった物を求めているかを知る事も必要でしょう。
乾燥していると言う事が気になる場合は、保湿効果がある物を上手に活用します。
また加齢だけでなく日焼けによってもトラブルが起きて肌のたるみが発生してしまっている事も有るので、日焼け対策も万全に行う事をお勧めします。
ポイントは日焼け止めを上手に活用する事で、出来れば顔だけでなくデコルテ等もしっかりと対策をすると、より高い効果が期待出来るでしょう。

スキンケアは体の内側からも出来る

スキンケアと言うと、肌に何かを塗るイメージが有りますが、実はそれだけでは有りません。
体の内側からもアプローチする事が出来ます。
まずは睡眠時間を確保する事、それによってホルモンのバランスが整い、肌の健康を取り戻しやすくなります。
また栄養バランスの整った食事をとる事、そして水分を適宜摂取する事も基本です。
そうすれば肌の表面からアプローチしていた時よりももっと肌の状態が良くなり、次第に肌のたるみを改善する事も決して夢ではありません。

たるみにアプローチするオススメプラン

たるみコース

高周波・超音波機器ウルトラセルの3種類のモードFUS・GFR・SRRが皮膚の深い層から浅い層までを引き締めていきます。

FUS+GFR+SRR(目周りのみ)

2回セット ¥200,000

※1回¥120,000となります。

その他の料金はこちらをご確認ください

\この記事をSNSでシェア/

美容皮膚科、肩こりボトックスは日本橋人形町の東京皮膚科・形成外科