眼瞼下垂とは

まぶたの筋肉の機能が弱まり、目を開いたときに黒目が隠れてしまっている状態のことをいいます。このことにより、上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりします。

こんなお悩みに

  • ぱっちりとした印象の目にしたい
  • 二重の左右差が気になる方
  • 切らない(メスを使わない)で一重まぶたを二重まぶたにしたい
  • 目があけにくい
  • 眼瞼下垂症の治療をしたい

施術の紹介

当院の治療は、患者様への負担を最小限に抑えた「切らない」眼瞼下垂治療です。長年の実績から独自に開発した、NSLT法とNILT法という2種類の方法があります。

当院独自の手術で、黒目整形手術としても親しまれています。

NILT法とは

NILT法(Non Incisional Levator Tacking)も、当院オリジナルの術式で、平成17年に日本美容外科総会のシンポジウムで発表し、日本美容外科学会会長に表彰して頂いた記念すべき術式です。

目をパッチリと大きくして目と眉の間隔を狭めることにより、より美人顔を作ります。
この方法では、ミュラー筋と挙筋腱膜に糸を通して、縫い縮めて強化します。2カ所で固定することが多いですが、3か所、4か所と固定する箇所を増やすことで、さらに自然なアーチを作ることができます。
また、おでこの筋肉をつかう(おでこのしわを寄せる動作)ことで、眉を上げるしぐさが少なくなりますので、おでこのしわや眉の形も改善した事例もあります。目がキラキラと輝きだし、自信がみなぎります。芸能人やタレントさんにも人気の手術です。

目だけじゃない!?
身体に与えるうれしい影響

最近、一重まぶたも先天性の眼瞼下垂とすべきとの考えが出て来ました。生まれつきなので気づきにくいのですが一重の方は肩こりや頭痛を訴える方が多いからです。
しかし、眼瞼下垂などは放置しておくと肩こりや頭痛、うつ病などの原因になることが分かってきました。

Point

  1. 当院独自の「切らない」手術
  2. 自然なアーチで、目ヂカラUP

手術の流れ

横にスライドしてご覧いただけます。

症例

  • NILT2点両目 ¥220,000

注意事項・禁忌

洗顔
手術後当日はお控え下さい。
飲酒
手術後3日間はお控え下さい。
激しい運動
手術後3日間はお控え下さい。
サウナ・入浴
手術後3日間はお控え下さい。
お化粧
目周りのお化粧は、手術後3日間はお控え下さい。
コンタクトレンズ
手術後3日間はお控え下さい。

リスク

  • 麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。
  • 腫れは個人差がありますが、手術直後は、腫れがあり二重の幅が広く見えますが、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは2日~1週間程度です。
  • 術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。
  • 内出血はごく稀に起こす可能性があります。
  • 感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。
  • 手術直後は、異物感・つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善してきます。心配な場合は、ご来院ください。
  • 目の構造や目をごしごし擦ることが原因で後戻りする可能性があります。
  • 過度の後戻り、矯正不十分、微妙な左右差や糸が露出してきた場合は、再手術(修正)になることがあります。
※効果や反応には個人差がありますので、ご不明な点は必ず治療前にご相談下さい。

料金一覧

NILT 2点
片目 121,000円
両目 220,000円
NILT 3点
片目 165,000円
両目 308,000円

診療代 1,100円

美容診療・部位一覧

自分にあった治療が分からないという方は、医師のカウンセリングの基、ご選択いただくのが最適です。カウンセリングのご希望はこちらから。
よくある質問