03-6231-1555
ご予約・お問い合わせ

診療時間 11:00〜13:00 | 14:15〜20:00
火曜18:00まで 日曜休診

 著者: 東京皮膚科・形成外科 日本橋院

気になる20代の肌のたるみ!3つの要因と効果的なケア方法

shutterstock_176043566

肌トラブルが目立ってくる20代後半

いつもと同じスキンケアをしているのに、なんだか肌の調子が悪いと感じることはありませんか?

 

肌は年齢を重ねるごとに新陳代謝が落ちてきます。
20代後半は、新陳代謝の低下があらわれはじめる年代です。

 
肌のたるみが気になったら、すぐにケアをおこないカバーしましょう。

 
専用のマシンで今すぐケアしたい方は。。
スマイル Hifu(ハイフ)で話題のウルトラセルQ+(キュープラス)

 

20代で肌がたるんでしまう3つの原因

20代で肌がたるんでくるのには、大きく3つの要因が関係してきます。

 
1つ目は、肌の乾燥です。

 
肌の内部の潤いが減少し乾燥が進むと、肌のバリア機能が衰えてしまいます。
ニキビやシミ、黒ずみができやすくなると同時に、肌のハリが低下します。
ハリを失った肌は、重力に負けて下にたれ落ちてしまいます。
肌を良く見て、毛穴が涙状に広がっていたらハリが失われている証拠になるので、注意しましょう。

 
2つ目は、顔の筋肉の劣化です。

 
自分の顔を鏡でチェックして口角が下がっていたら、顔の筋肉が衰えている可能性があります。
スマホやパソコンに向かう時間が多いと、無表情でいる時間も増えてしまいます。
さらに猫背や片肘をついて操作することで姿勢が悪くなり、顔のたるみに繋がるので注意しましょう。

 
3つ目は、肌自体がのびてしまうことです。

 
これは、マッサージやローラー式の美顔器の使い過ぎが原因です。
肌を強く押しすぎることで、肌の弾力の低下を招く可能性があるので気を付けましょう。

 

20代の肌のたるみにはセラミド

肌のたるみを改善させるには、たるみを招く3つの要因に注意する必要があります。
意識して表情筋を動かすことで、口元やフェイスラインをシャープに整えることができます。
スマホやパソコンを使用する時は、背筋を伸ばすように気を付けてみましょう。
マッサージをする場合は、力を入れすぎないことが大切です。
強い刺激はたるみだけではなく、シミや黒ずみにも繋がる可能性があるので気を付けましょう。
肌の乾燥をケアするには、化粧水や美容液を利用して肌内部を潤すのがポイントです。
油分を含んだクリームを使用すると、肌が潤ったように感じます。
ですが、これだと肌の表面をケアしたにすぎません。

 
肌のたるみを根本的にケアするなら、肌内部の水分量をアップさせる必要があります。
肌内部の潤いをあげるなら、保湿力のある美容成分が配合されたアイテムを選びましょう。
ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキス、セラミドなどが保湿力の高い美容成分になります。
中でも、セラミドは20代の肌のたるみに効果的です。

 
ヒアルロン酸は40代から減りはじめると言われていますが、セラミドは20代を過ぎると減少していくのが特徴です。
ですので、20代の肌のたるみはセラミドを補えば、効果的にケアを進めることができます。

 

美容施術による肌のたるみ対策もイチオシ

顔のたるみが気になる他に、

 
・フェイスラインをすっきりさせたい方
・小顔になりたい方
・手術以外の方法でリフトアップしたい方
・顎下のたるみが気になる方

 
には、こちらの施術もおすすめです。

 
スマイル Hifu(ハイフ)で話題のウルトラセルQ+(キュープラス)

 
しわも気になる方はには、こちらの施術もおこなっております。

 
ウルトラセル

 
たるみをどうにかしたい!そんなお悩みをお持ちの方は、当院までお問い合わせください。

\この記事をSNSでシェア/

美容皮膚科、肩こりボトックスは日本橋人形町の東京皮膚科・形成外科